読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死因を選択してください▼

隙あらばと自殺を目論む社会人一年生の支離滅裂な掃き溜め

自己価値


今日(というか昨日)はコンサータを飲まずに過ごしたが、殆ど寝ていた。
やはり薬を飲まないと起きていられない。

夜に父と電話で少し話して、やっとこさ起きて掃除と風呂と食事をしたくらいだ。

一人暮らしが致命的に向いてないのだが、理由の一つとして、誰かがいないと何もやらないことが挙げられる。
友人といるときは頑張れるし、父と話すと元気が出るのだが。
自分のために頑張ることに意義を見出せない。

というか、自分のために生きるのって、すっげ難しくね?と思う。
「私、自分大好き人間なんで」みたいなの聞くと、どういうこと?となる。

自尊感情も自己肯定感もどん底な私はそれこそ自分は全人類の中で最もダメな人間だと思っていた。
それもそれで自惚れだと気付いたからやめたけど。

そこまでではないにしろ、今でも、自分を好きになるのはとても難しい。
自己投資も苦手なので、自分のためにお金を使ったり、自分のための休日を過ごすのが苦手だ。

ただあまり自己卑下が過ぎると、私に対して良い感情を抱いてくれている少数の人を蔑ろにしてしまうため、
自己否定を明るみに出さないようにしている。

「え?私が可愛いって!?知ってる〜♡」
みたいなキャラを心掛けている。その方が、周りの人も「うるせえブスwwww」って言ってくれるし、振る舞いやすい。
自己否定を隠すための天真爛漫という感じ。

あ、この人は、誤魔化してもダメだな。
って思う時が何回かあったけどね。
それでもこのまま、おどけさせてくれたから、ありがたかった。
一度下を向いてしまったら、もうどんな顔をしたらいいか分からなくなるし。

2年前の乖離から比べたらだいぶ落ち着いたし、自分がどこにいるのか分からない感覚も減ってきた。
それでも抑うつだったり希死念慮だったりは無くならないから、死ぬまで死にたがるのだろうな。
緞帳が降りて初めて私を確定できる気がする。