読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死因を選択してください▼

隙あらばと自殺を目論む社会人二年生の支離滅裂な掃き溜め

忙殺

 

3月!?いつのまに!?えっ春!?

凍死チャンスおわた。

せっかくの雪国左遷。死んどきゃ良かったんだけど。

 

ブラック企業に対して「自殺するくらいなら辞めりゃいいのに」の世論に

「辞めようという気すら削ぐのがブラック企業の恐ろしさ」と答えた専門家が何かのテレビでやっておりました。

 

そうなんですわ…

仕事が忙しすぎて死ぬ余裕がない。

人がどんどん辞めていくので、仕事量がめっさ増えた。

 

私の祖父も、父も、単身赴任して数年で胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったので。

きっと私もかな…と思ってる。

もともと消化器系が弱いし、胃も弱いし。

胃潰瘍の手前までいったことあるし。

そしたら辞められるかな、とか、元の配属に戻してもらえないかな、とか。

 

生きるのに向いてないけど、それ以上に、死ぬのに向いてないのかもしれない。私。

 

生きる道と、死ぬ道を、並行して考えなきゃいけないのかもしれない。

 

完全自殺マニュアルにも書いてあった。

「致死量の劇薬を持ち歩いて、いつでも死ねるようにしてたら、吹っ切れて生きれるようになった。死という逃げ道を残しておくと、気持ちが楽になる」

とかいうやつ。

めっちゃそれな。

苦手な上司に怒鳴られても「ええんか?私死ぬで?遺書にあんたの名前書いたらあんたのその地位も終わりやで?」とか思いながら耐えてる。

 

 

あと、少しだけ生きるのが楽しくなる方法。楔を打ち込まれて、その傷がまだ熱を持っているけど、少しだけそれを感じなくさせる方法。

 

自分が好きなもの・こと を書き出す。携帯のメモ機能でも良し。

なるべく、他人に勧められたものでなく、自分から自発的に好きになったもの。

私の場合は、猫、天文学、インテリア、100均巡り、化粧品、白い花。などなど。

 

書き終わったら、たまに眺める。

書き足してもいい。

ただ、見直した時に、「これってあの人も好きだったな…」とか思い出してしまうなら、消す。

引き金になりうるものは、今は無くていい。

 

そしたら、余裕があれば、それに浸る。

私は宇宙柄のタペストリーと太陽時計と猫雑誌とスキンケア用品とドライフラワーの造花(ダイソーさんパネエ)買った。

部屋に飾るとなお良し。

自分の中の世界に浸れるから、周りの刺激に対して、鈍感になれる。

楔が痛むことが減る。

 

 正しいかどうかは分からないけど。

自閉という手段。