読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死因を選択してください▼

隙あらばと自殺を目論む社会人二年生の支離滅裂な掃き溜め

希死道と云ふは往く事と見付けたり

 

まだ生きてます。

 

一昨日、仕事中に、意識を失いました。

無意識のまま仕事してることはよくあることなのでそれは問題ないのですが、

ふと我に返ると、私はマサイ族のように縦にぴょこぴょこ跳ねながら「ピョヒピョヒピョヒピョヒピョヒピョヒ」と口走っていました。

 

やばくね?

もっとこう…何かあるだろう。

か弱くて可憐で儚げな美少女のように、フラッと倒れたりさ。

そういうのじゃないの?なんで?

ピョヒピョヒって何?どこから湧いて出たの?

 

あまりにも意味不明すぎて今度はひとりで笑ってしまったのですが、その一連の流れを見ていたパートさんが

「もう手遅れですね…病院に行ってください…(苦笑)」

違うんです。ギャグとかネタじゃないんです。

 

 

 

昨日は不定愁訴デーでした。

特に何か痛いとかではないんですけど、

「疲れた」「体が重い」「体が動きにくい」「頭に靄が掛かってるみたい」

そんな感じでした。

 

すると夜に急に胃に激痛が走り、その場で突っ伏しました。

運良くお客様から見えない位置だったので良かったんですけど、

「どした!?具合悪いの!?救急車!??」

「とりあえず休憩室に行こう!?ねっ!?」

うんあの、それは心得ておりますが、動けないんですよね…

這うようにして撤退。

 

でも胃痛はよくあることで。

今回はいつもより強烈に痛かっただけ、痛みが引くのに時間が掛かっただけなので。

上司にそう説明しましたが、帰らせられました。

もう慣れっこなので、休憩室に引っ込んでからゆっくり呼吸をして腹の筋肉を弛緩させるような回復体位をとり、首に指を当てて脈を計りました。

心拍数72。私にしては珍しく、成人平均の数値です。超健康。

でも帰らせられました。

 

「病院には行かなくていいの?」

「行ったことあるんですけどたらい回しにされて最終的に心療内科にぶち込まれました」

「ぅおう…」

「原因不明なので、ストレスが原因なんじゃないか?ってことになりました。」

「薬とかは?飲まなくていいの?」

「処方してもらった胃薬はどれも効かなくて、酷い時だけ鎮痛剤を飲んでます。でもあまり飲み過ぎると効かなくなるので、なるべく飲みたくないです」

「うーん…」

 

生理不順もあり、何ヶ月も遅れてやってくる血祭りは激痛を引き連れてくるので、鎮痛剤にはお世話になってます。

なっているからこそ、最近あまり効かなくなってきた気がして、飲みたくないのです。

 

「少しでもストレスに感じることがあったら言ってね、それを解決するのが俺の仕事でもあるから…」

「これといってストレスだと感じるものが無いので…分からないんですよね…」

「うん…」

 

上司には心配も迷惑もかけて申し訳なく思っています。

ただでさえ業績的な問題と、監査的な問題と、いろいろバタバタしているのに。

一社員のことに骨を折らせたくは無いですな…。

 

 

 

 

 

生きることは簡単だ、と最近思います。

 

あの人がいなければ私は死んでしまう、と思っていました。

そんなことはありませんでした。

 

まだ思い出すたびに全身が心臓になったみたいにバクバクして、アニバーサリー反応もいろいろありますけど。

 

でも、生きるだけなら、そんなに難しくはないみたいです。

 

ただ、生きているだけではダメらしくて。

 

 

死にたい選手権代表の私ですが、実はサバイバル番組が大好きです。

生きるための術や知識、体力、気力。

ベアグリルスさんかっこよすぎ。

 

死に対して意欲的な私が、生への執着の象徴とも言えるサバイバルを愛して止まないのって、

何だか不思議というか、滑稽ですらありますな。

 

3の法則。

人間は酸素が無いと3分間で死ぬ。

人間は水を摂らないと3日間で死ぬ。

人間は食事を摂らないと3週間で死ぬ。

 

食事については、その人の蓄えた脂肪とかで個人差があるけど。

 

私は3つの条件を満たしています。

酸素に困ったことはないし、水ではなくても水分は摂れてます。

食事とは呼べないかもしれないけど、カロリーも摂取できています。

 

私、生きるの、上手なのでは?

むしろ23年間も生きてこられたのだから、生きるのに向いているのでは?

 

 

ちょっと気分がハイになって、そんなことを考えたり。たり。たり。

 

 

 

「生きてるだけで悲しいと思うのは私だけなの?」

♪velonica/Aqua Times

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アノレキシアの再来

 

春は拒食。

やうやう細くなりゆくウエスト。

 

数年前から、春になると食がおかしくなります。

 

去年は記憶がないとして、

一昨年は救急搬送される程度には拒食でした。

その前は何を食べても味が分かりませんでした。

その前は何を食べても一口食べるとお腹一杯になりました。

 

今年は、一口でお腹一杯になるのと、味がよく分からないののダブルパンチです。

 

毎年春になるのは何なの。花粉症なの?

 

顔面よりでかいお好み焼きを4枚焼いて、3口で限界を感じて、放心状態の私からお送りしました。

 

1人で食べるご飯ってどうしてこんなに味がしないんでしょうね。

 

 

今、私は、伸るか反るかの大決断中です。

これがもし上手くいかなかったら、もう何も残らないので、死にます。

ももし、これが、私の松葉杖になりうるのなら、

走れやしないけど歩けるのかなと。

半端な判断はどちらに転んでも惨い結果しか齎らしません。

楔の存在を意識する暇もないくらい、私は、第二の私に託したいと思います。

そいつもそれまでだったら、そしたら本当にそれまでです。

 

私の寿命はあと何日なんでしょうね。

 

 

過労死チャンス

 

早番と遅番がある仕事場なのですが、最初から最後まで勤務することを「通し」と呼んでいます。

 

連チャンで通しをして、3日で3キロ体重が減りました。残業が多い日は、15時間勤務でした。3日で10時間しか寝れてません。

睡眠時間を削っている分、眠くならないようにコンサータを1錠追加して飲んでいます。

普段は2ヶ月に1回しか来ない生理ですが、今は不正出血が止まりません。

胃痛と腹痛と頭痛と肋の痛みが交互に・同時にやってきます。

 

私の家系は、単身赴任すると潰瘍ができるみたいなので、そろそろ胃に穴が空く頃だと思います。

余談ですがその場合は労災は出ないそうです。

 

 

さて。もしかしたら死ぬチャンスかもしれません。

こんなに急に来るとは思ってもおらず、まだ遺書も死に支度もしていません。

ていうか遺書を書く時間すら無い。

 

明日は休日の予定でしたが出勤になりました。ですのでもう寝ます。

どのように死ぬのが一番いいのか、

死ぬ前にすべきことは何なのか、

頭が回らないので考えが巡りません。

 

おやすみなさい

 

 

 

 

184

 

もういやだ。

また今日も何もこのままだ。

片目が見えなくなるまで横臥して、眠れなくなるまで淀んだ呼気を掻き回してる。

呆れた。

手酷く扱われたい。希望を持ちたくない。胃に穴を開けたい。見捨てられたい。自分を見限りたい。

数週間前の食器の地層が腐っていく。

足の裏にいろんなものが刺さる。

つい昨日の記憶すら音も立てずに融けていく。

食事も服薬も睡眠も風呂も歯磨きも、顔を洗うことさえままならなくなって、こんな奴にお金かけたくないのに、

暖房を消すと震えが止まらなくて、電気がないと三歩も歩けなくて、一丁前に腹だけは空く。

せめてせめて、死んだら何もなければいいな。

知覚から解放されたい。

もしくは。その時に私の自我がまだあるかは分からないけど、宇宙の一部になりたい。

生前ろくなことをしてない私だから、天国や地獄が存在するのならきっと地獄に行くのだろうけど。

記憶をリセットしてまた苦しみが生まれるのかもしれないけど。

また何もできないまま朝になる。

 

 

忙殺

 

3月!?いつのまに!?えっ春!?

凍死チャンスおわた。

せっかくの雪国左遷。死んどきゃ良かったんだけど。

 

ブラック企業に対して「自殺するくらいなら辞めりゃいいのに」の世論に

「辞めようという気すら削ぐのがブラック企業の恐ろしさ」と答えた専門家が何かのテレビでやっておりました。

 

そうなんですわ…

仕事が忙しすぎて死ぬ余裕がない。

人がどんどん辞めていくので、仕事量がめっさ増えた。

 

私の祖父も、父も、単身赴任して数年で胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったので。

きっと私もかな…と思ってる。

もともと消化器系が弱いし、胃も弱いし。

胃潰瘍の手前までいったことあるし。

そしたら辞められるかな、とか、元の配属に戻してもらえないかな、とか。

 

生きるのに向いてないけど、それ以上に、死ぬのに向いてないのかもしれない。私。

 

生きる道と、死ぬ道を、並行して考えなきゃいけないのかもしれない。

 

完全自殺マニュアルにも書いてあった。

「致死量の劇薬を持ち歩いて、いつでも死ねるようにしてたら、吹っ切れて生きれるようになった。死という逃げ道を残しておくと、気持ちが楽になる」

とかいうやつ。

めっちゃそれな。

苦手な上司に怒鳴られても「ええんか?私死ぬで?遺書にあんたの名前書いたらあんたのその地位も終わりやで?」とか思いながら耐えてる。

 

 

あと、少しだけ生きるのが楽しくなる方法。楔を打ち込まれて、その傷がまだ熱を持っているけど、少しだけそれを感じなくさせる方法。

 

自分が好きなもの・こと を書き出す。携帯のメモ機能でも良し。

なるべく、他人に勧められたものでなく、自分から自発的に好きになったもの。

私の場合は、猫、天文学、インテリア、100均巡り、化粧品、白い花。などなど。

 

書き終わったら、たまに眺める。

書き足してもいい。

ただ、見直した時に、「これってあの人も好きだったな…」とか思い出してしまうなら、消す。

引き金になりうるものは、今は無くていい。

 

そしたら、余裕があれば、それに浸る。

私は宇宙柄のタペストリーと太陽時計と猫雑誌とスキンケア用品とドライフラワーの造花(ダイソーさんパネエ)買った。

部屋に飾るとなお良し。

自分の中の世界に浸れるから、周りの刺激に対して、鈍感になれる。

楔が痛むことが減る。

 

 正しいかどうかは分からないけど。

自閉という手段。

 

 

 

セルフネグレクト

 

初めて聞いた言葉だ。

セルフネグレクト

 

心療内科に行って現状を伝えるにしても、親に言うにしても、どの言葉もしっくり来なかった。

けど、これかもしれない。セルフネグレクト

 

自分に対して関心も興味も無くなって、生命維持活動が億劫になる。

食べるのも寝るのも面倒になる。

 

今は少し回復したが、以前は酷い有様だったなぁ。

部屋は見渡す限りのゴミで、異臭とケトン臭にまみれて生活してた。

虫はわくし、米は腐るし、洗濯も食器も2週間溜めたこともある。

風呂に入らなくても何とも思わなかったし、可能な限り重力に逆らうようなことはしたくなくて、ずっと寝たきりだった。

 

今でも気を緩めるとセルフネグレクトになりそうになるけど、

愛猫がいてくれるから、なんとか踏み止まってる。

 

 死因:セルフネグレクト

かっこいい死に方ではないかも。

ゴミに埋もれて壊死とか、脱水症状とかになりそう。

 

 

 

940日

 

また、あの人の夢です。

実家のコタツで寝ていたら、あの人が抱きしめてくれて、たくさん頑張ったらもう一度付き合おう。って。頑張りポイントが、20ポイント貯まったら付き合おうって。なんでそんな具体的?って、寝たふりしながら笑ってしまった。

 

目が覚めて、なのに、まだ醒めずに、夜は冷めないまま、

あの人の、グループライン退室の知らせで、心臓が痛くなる。

 

Mちゃんから返信は来ない。

私を今に連れ戻して欲しい。

 

私を揺り戻す楔がまだ心臓に遺ってるけど。

全身が痛く脈打って、まだ私はここにいないのだと思い知らされるけど。

 

私の潜在的な私を、大切にしたいです。

そしてそれを、友人に憶えていてもらうこと。が、きっと私づくりを、背中を押してくれる。はず。

 

まだ、間違ってるとか、何が最善かとかは、分からないけど。

 

楔を無理に引き抜くと、血が止まらないような気がして。

まだこのままでいい。いいから。

 

助けて。